バイタリティ溢れる精神

高性能なIT製品が世に出回ったことで、高齢者でも抵抗無くその製品を扱えるようになったと感じます。
IT製品を開発しているIT技術者は、誰もがITと深く関われるようにIT製品の開発に際して改良を重ねているのが窺えます。
ITに興味があれば、年齢に関係が無いことを強調しているかのようです。

未来の日本は高齢者が増えていくことが確定的であるため、高齢者をターゲットにしたIT製品の開発に、全てを捧げようとするIT技術者が続々現れていくと考えられます。
IT技術者は意義の高いIT製品が完成したときに、高齢者がその製品を通して充実した人生を送っている姿を想像するのではないかと思います。
いかに、高齢者のためを想って尽力しているのかを再確認するようになるのです。

年を取っても、ずっとIT企業で働き続けたいと思っている方がいらっしゃることでしょう。ともすれば、高齢者になってもIT業務への熱意を変わらずに抱き続けている方が居ても不思議ではなくて、その色褪せぬ想いがIT社会に働き掛ける力となっていきます。
高齢者になってから若い頃と比べてバイタリティが溢れるようになった方が居そうであり、その方と一緒に仕事をしているエンジニアは、なんて気持ちが若い方なんだろうと感心するのだろうと考えられるのです。

高齢者であっても常に上を目指そうとする精神を携えることで、成功を勝ち取る道が見えてくるようになります。
見事に勝利を手にした高齢者は、夢を持って目標達成に向けて取り組むことで、年齢の壁を乗り越えられることを肌身に感じていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です